「香港国家安全法を断固支持」 人民解放軍部隊が声明

習政権
2020/7/2 10:53
保存
共有
印刷
その他

【香港=木原雄士】中国人民解放軍の駐香港部隊は1日夜、6月30日に施行された「香港国家安全維持法」を断固として支持するとの声明を発表した。中国共産党の機関紙、人民日報(海外版)が2日伝えた。声明は「法律に基づいて防衛業務を遂行し、党と国民に委任された全任務をなし遂げる」と強調した。

1日、デモ参加者を取り調べる香港警察=AP

香港国家安全法52条は中国政府が新たに設ける「国家安全維持公署」が解放軍の駐香港部隊などと協力を強化すると明記した。声明は法執行への強い決意を示す狙いがあるとみられる。駐香港部隊は同法の施行にあわせて射撃訓練の様子を中国メディアを通じて公開するなど軍事力を誇示していた。

香港警察は1日「香港独立」と書かれた旗などを持っていたとして国家安全法違反で男女10人を逮捕した。香港政府は1日夜、警察の取り締まりを全面的に支持する声明を発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]