/

危険運転拡大の改正法施行 妨害目的の「停車」も処罰

危険運転の適用範囲を拡大する改正自動車運転処罰法が2日、施行された。走行中の車を妨害する目的で、前方で自分の車を停止させ、死傷事故を起こすケースを新たに処罰対象とした。

あおり運転の厳罰化を盛り込んだ改正道交法も6月30日に施行。政府は2つの法律で悲惨な事故を引き起こすあおり運転を抑止したい考えだ。

法改正は、神奈川県大井町の東名高速道路で2017年6月、前方をふさがれたワゴン車が後続車に追突され、夫婦が死亡した事故を受けた措置。改正前は加害者側の車が、重大事故につながるスピードで走行していることが構成要件となっており、速度がゼロの停車行為自体は危険運転とは認められず、法の不備が指摘されていた。

改正法では、危険運転の類型に(1)衝突すれば重大事故となるような速度で走行中の車の前に、妨害目的で停止する(2)高速道路や自動車専用道路上で、走行中の車の前で停止したり、接近したりし、その車を停止・徐行させる――行為を追加した。最高刑は死亡事故で懲役20年、負傷は15年。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン