[FT]不正発覚の独ワイヤーカードに「中立」 ESG評価に課題
モラル・マネー 投資の新潮流を紹介

金融最前線
FT
2020/7/2 2:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のニューズレター「モラル・マネー」7月1日号では、経営破綻した独ワイヤーカードの投資リスクをESG評価企業が見抜けなかった問題について論じた。主な内容は以下の通り。

環境・社会・企業統治を重視するESG投資は、投資先でスキャンダルが発生して多額の損失を被るリスクを避ける賢明な選択だとの認識が広がっている。だが、本当にそうだろうか。

モラル・マネーは、破産手続き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]