/

長期金利が高水準、国債増発で 日銀「上昇容認」の見方

長期金利に上昇圧力がかかっている。1日、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは上昇(債券価格は下落)し、3週間ぶりの高水準をつけた。政府の国債増発に対して日銀の7月の国債買い入れオペ(公開市場操作)の規模が限定的と受け止められ、債券の売りが進んだ。

1日の債券市場で、新発10年物国債の利回りは一時0.045%と前日から0.015%上昇した。6月8日以来の高い水準だ。

日銀は6月30日、7月のオペ計画を発表した。残存期間が「5年超10年以下」の国債の1回あたり購入予定額を4250億円(中心値)と、6月の4000億円から増やした。月5回実施すると、購入額の合計は6月の2兆円から2兆1250億円に増える計算だ。通常であれば、購入増額は国債の需給を引き締め債券価格の上昇と金利の下落につながる。

ただ、政府は新型コロナウイルスを受けた緊急経済対策の財源確保のため、7月から国債を増発している。20年度の10年債の発行額は当初予算時点と比べて4兆5000億円増やす方針で、7月の入札予定額は2兆6000億円程度。日銀の購入増額は増発額に比べ限定的であると見なされ、債券売りと金利上昇につながった。

大和証券の岩下真理氏は「オペ計画で日銀がある程度の金利上昇を容認する姿勢が明らかになった」と見る。ただ、日銀は長短金利操作で長期金利の上限を0.2%程度としており、「上限に近づけば購入額を増やし金利上昇を抑え込むだろう」(岩下氏)との見方が多い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン