報道やネット監督規制を明記、外国人・企業も対象

2020/7/1 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=羽田野主】中国の習近平(シー・ジンピン)指導部は6月30日施行した香港国家安全維持法で香港で活動する報道機関やインターネットへの監督を強める。外資系企業の間では「通信の秘密」が脅かされ、ネット規制にもつながるとの懸念が強まっている。

同法では「学校やメディア、インターネットなど国の安全にかかわることに香港政府は監督・管理を強化する必要がある」と明記した。

香港政府は中国政府の関与のもとで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]