「親日の街」大連 復活なるか
日本企業、再び投資活発に

アジアBiz
2020/7/1 21:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国で珍しい「親日の街」と呼ばれる東北部の遼寧省大連市で、日本企業の投資が活気を取り戻しつつある。ホンダが7月に進出したほか、日本電産は開発拠点の人員を2倍に増やす計画。大連は人件費高騰による撤退・縮小が相次ぎ、日本企業の「中国離れ」の象徴的な街だった。米中対立などが打撃となる中、日本企業の取り込みを急ぐ中国側の思惑も透けて見える。

ホンダは7月1日、遼寧省の中国IT(情報技術)大手、東軟集団(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]