温泉などに宿泊 合間にヨガ、松江でテレワーク体験

2020/7/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

松江市や島根大学など産学官がコンソーシアム(共同事業体)を組み、大都市で働く人にテレワークの体験をしてもらう事業を始める。玉造温泉などに宿泊しながら、ストレス度の変化を測定する3泊4日程度の滞在プログラムを作り、9月ごろからスタートさせる計画だ。風光明媚(めいび)な土地を売り込み、将来の企業誘致やU・Iターンにつなげる考えだ。

共同事業体は松江市のほかコンサルタント業のワークアット、ビルメンテナ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]