4県景況感、悪化幅が最大 日銀短観 コロナの影響鮮明

2020/7/1 20:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

四国の景況感が新型コロナウイルスの影響で急速に落ち込んでいる。日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が全産業で前回3月調査から22ポイント悪化してマイナス22となり、悪化幅は過去最大を記録した。非製造業では足元で各地の観光需要喚起策に注目が集まるが、先行きは依然として厳しい。

業況判断DIは、景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]