関西の大卒採用、コロナで一転減少へ 21年春0.2%減

2020/7/3 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西企業の2021年春入社の大卒採用は11年ぶりに減少する見通しだ。日本経済新聞社の採用計画調査(最終集計)では20年春実績に比べ0.2%減る。3月時点では3.6%増を見込んでいたが、新型コロナウイルスの影響で景気が減速し、マイナスに転じた。インバウンド(訪日外国人)需要の消えた百貨店や低金利で事業環境の厳しい金融機関で採用を抑制する動きが目立つ。

■百貨店・銀行が大きく減少

全国は2.6%増の計…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]