荷物増に感染リスクも 宅配網、綱渡りの新常態

日経MJ
2020/7/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛を機に、宅配業界が大きな岐路に立っている。ネット通販の利用増で荷物量は増し、ドライバーの負荷も増える一方。在宅ワークなどデジタル生活が浸透しても、それを支えるのは実際にモノを運ぶ物流の担い手たちだ。需要増と感染リスクのはざまで従業員をどう守り事業を継続するか。綱渡りの状況下で企業は対応に苦慮している。

■配達1件でマスク汗びっしょり

「いつもありがとうね。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]