医療・巣ごもり関連に資金流入 1~6月のアジア株

2020/7/1 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=湯田昌之】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、アジアの有力企業の株価の明暗が分かれている。世界的に需要が増えるゴム手袋や医薬品、ネット関連の株価が上昇。一方、エネルギー関連は下落した。

【関連記事】東南アのゴム手袋最大手、コロナが迫る脱・出稼ぎ依存

日本経済新聞が選ぶアジアの有力企業「Asia300」のうち、2020年1~6月に株価が上昇したのは全体の18%の58社にとどまった。

上昇…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]