CASE時代のネジ新工場 青山製作所、クリーン徹底

2020/7/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車用ボルト大手の青山製作所(愛知県大口町)は電気自動車(EV)や自動運転など次世代技術「CASE」時代に対応したネジ工場を9月に稼働する。工場内を気圧の調整などで不純物が入りにくいクリーンな空間に保つことで、電池やモーター内部で使いやすいネジやボルトを生産する。新型コロナウイルスの影響で新車需要は落ち込むが、中長期的に市場拡大が見込める次世代車に対応する。

EVや自動運転向けのネジを生産する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]