国連海洋法条約 責任不明確で旗国動かず
コロナが映す法の穴

2020/7/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜港に入った英国籍のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客・乗員10人が新型コロナウイルスに感染――。2月4日夜、菅義偉官房長官、加藤勝信厚生労働相らに情報が入った。

船内には56の国・地域からの乗客・乗員約3700人がいた。下船を認めるつもりだった政府は方針を転換し、船を停留させ14日間、乗員らを事実上隔離すると決めた。

船内の感染者は日を追うごとに増えていった。

「まるで浮かぶ監獄」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]