東北の景況感、悪化幅が過去最大 日銀6月短観

2020/7/1 18:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景況感の悪化が深刻さを増している。日銀仙台支店が1日発表した東北の6月の企業短期経済観測調査(短観)では、景況感を示す全産業の業況判断指数(DI)は前回調査比23ポイント低下のマイナス31となった。リーマン・ショック時の2009年9月(マイナス36)に次ぐ低水準で、悪化幅は過去最大となった。

業況判断DIは景況感が「良い」と答えた企業から「悪い」と答えた企業の割…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]