「昼カラ」休業に協力なら20万円、小樽市が支給へ

2020/7/2 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高齢者による飲食店での「昼カラオケ」で新型コロナウイルスの集団感染が発生した北海道小樽市は1日、市の休業要請に応じた昼カラオケ事業者に1店舗あたり20万円の協力金を支給する方針を固めた。7月末までの休業を要請する方針で、要請の対象は30店舗程度を想定している。

小樽市では6月23日以降、中心部の繁華街の花園地区での昼カラオケの利用者を中心にクラスター(集団感染)が発生し、1日時点で死亡者2人を含…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]