静岡県の路線価12年連続マイナス 先行きに不透明感

2020/7/1 18:05
保存
共有
印刷
その他

国税庁が1日発表した2020年分の路線価(1月1日時点)で、静岡県内の標準宅地は平均で前年比0.4%下落した。12年連続でマイナスとなったものの、にぎわいを取り戻した地域もみられ、下落幅は4年連続で縮小した。ただ今後は高齢化や人口減に加え、コロナ禍もあり先行き不透明感は高まりつつある。

静岡県熱海市の熱海駅前の商店街の1つ「平和通り」(熱海市田原本町)。路線価は1平方メートル当たり25万5000…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]