少額決済、手数料安く 成長戦略に新システム検討明記

2020/7/2 2:06 (2020/7/2 5:32更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キャッシュレス化の推進に向けた金融システムの改革が始まる。政府は近くまとめる経済成長戦略に、少額決済の増加に対応した手数料の安い専用決済システム構築を検討することを盛り込む。既存の銀行間決済システムは手数料が高く、キャッシュレス普及を妨げているため、全国銀行協会を中心に具体的な議論を始める。

政府は夏に経済成長に向けた重点施策を示す「実行計画」や分野別の具体策を記す「フォローアップ」をまとめる方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]