/

この記事は会員限定です

新市場を創る企業行動(6) 分析より重要なパートナー

立命館大学准教授 吉田満梨

[有料会員限定]

コーゼーションでは消費者調査や競合相手の分析などを通じて、市場の機会や脅威を特定することが重視されます。しかし、存在しない市場では、競合相手や顧客を特定すること自体が困難です。

それゆえエキスパートの起業家は、体系的な競合分析を行わず、あらゆるステークホルダーとのパートナーシップ構築を志向する傾向がありました。これは、エフェクチュエーションの「クレイジーキルト」の原則と呼ばれます。

通常、類似の技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン