米大統領「悲しみ」と書簡 横田滋さん死去で家族に

2020/7/1 16:07
保存
共有
印刷
その他

横田早紀江さんに届いた、死去した滋さんへの弔意を示したトランプ米大統領の書簡の写し=共同

横田早紀江さんに届いた、死去した滋さんへの弔意を示したトランプ米大統領の書簡の写し=共同

トランプ米大統領が、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん(失踪当時13)の父で、6月に87歳で死去した滋さんへの弔意を示した書簡が1日、母の早紀江さん(84)に届いた。「私とメラニアは悲しみに暮れている」として、夫人とともに悼む気持ちを表明。「拉致問題は日米の主要な課題。必ずめぐみさんをご自宅に連れ帰る重要な任務を続ける」としている。

支援団体の「救う会」が明らかにした。日本政府経由で届いたという。早紀江さんは同会を通じ「誠にありがたく感謝申し上げます。これからも娘を取り戻すために頑張って参ります」とするお礼の言葉を出した。

書簡では2017年の訪日で「早紀江さんと滋さんに会えて光栄でした。愛する人の居場所について真実を知るべきだという不屈の決意に感動した」としている。実際にはトランプ氏と拉致被害者家族との面会に滋さんは参加していなかった。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]