ぞわぞわ、まるでホラー 竹内薫氏が選ぶ3冊
えげつない!寄生生物 成田聡子著

読書
2020/7/2 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1ページ目から背筋に悪寒が走る。まるでホラー映画でも観(み)ているかのような感覚に陥る。

さまざまな寄生生物が紹介されているのだが、各章の導入部では、寄生される側の生き物を擬人化して一人称で描いていたりして、背筋のぞわぞわ感が半端ない。

カマキリを操って水に飛び込ませるハリガネムシ、ゴキブリを洗脳してしまうエメラルドゴキブリバチ、「ゾンビアリ」に「ゾンビイモムシ」……アカシアの木と相利共生関係に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]