富士フイルム、印大手にアビガンのライセンス供与

2020/7/1 16:01
保存
共有
印刷
その他

富士フイルムホールディングスは1日、インド後発薬大手ドクター・レディーズ・ラボラトリーズとアラブ首長国連邦(UAE)の医療物資販売会社グローバル・レスポンス・エイド(GRA)に新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」のライセンスを供与したと発表した。2社は中国とロシアを除く海外で独占的にアビガンを製造・販売できる。富士フイルムは契約一時金や販売ロイヤルティーを受け取る。

アビガンは日本を除く多くの国で主成分の物質特許が切れているが、製造に関わる特許は有効という。ドクター・レディーズは富士フイルムから製造特許やノウハウの提供を受け、アビガンを製造する。

ドクター・レディーズはインド、GRAはクウェートでアビガンの治験を実施する予定で、承認が得られればアビガンを販売する。富士フイルムが米国で実施している治験はドクター・レディーズに引き継ぐ。2社は販売地域を順次拡大する方針だ。

インドでは現地メーカーがアビガンの後発薬を生産し、コロナ治療薬としての承認を得ている。富士フイルムは生産規模が大きいドクター・レディーズにライセンスを供与し、海外の需要増に対応するとともに、ライセンス収入を得る考え。富士フイルムが生産するアビガンは、日本政府の備蓄や治験などに回す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]