遠のく景気回復シナリオ、6月短観「先行き」も低調

2020/7/1 15:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀が1日発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)では、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が業種や企業規模を問わず軒並み急落した。新型コロナウイルスによる不況の深刻さが改めて浮き彫りになった。「先行き」の景況感も厳しい見方が多い。景気回復の道筋はまだ見えない。

「足元が悪いのは織り込み済み。問題は先行きの改善度合いだ」。今回の短観の公表前、日銀内ではこんな声が複数上がっていた。緊急事態…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]