米ネット銀へのサイバー攻撃、コロナ禍で急増

金融最前線
2020/7/1 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国のインターネット銀行に対するサイバー攻撃が急増している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出制限や、銀行店舗の閉鎖でネット銀の利用が伸びるなか、「コロナ対策」を装って個人情報を盗む手法が目立つ。預金者のネット利用の拡大は銀行にとって効率化につながる一方、セキュリティー対策のコストもかさむため、新たな頭痛の種となりそうだ。

「新型コロナ詐欺に気をつけてください」。米銀大手ウェルズ・ファーゴは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]