[FT]コロナ患者急増 米南部、西部の医療体制が逼迫

FT
2020/7/1 16:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国で新型コロナウイルスの感染が再拡大したことで、患者数急増への対応にあたる同国南部と西部の州の医療体制が崩壊する恐れが出てきた。

フィナンシャル・タイムズ紙(FT)が行った州保健当局の数字の分析によると、カリフォルニア、テキサス、フロリダ、アリゾナの4州の病院で1万5000人以上の患者が新型コロナで治療を受けている。入院患者の急増は往々にして死者数増加の前兆となる。

■経済活動早期再開の州で感染

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]