経財相、山中教授らとコロナ検証会議 8割接触削減など対策分析

2020/7/1 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は1日、接触機会の8割削減など新型コロナウイルスの感染拡大防止策を検証する会議の初会合を開いた。京大教授の山中伸弥氏ら4人の有識者が参加した。西村康稔経済財政・再生相は「今後想定される大きな第2波に備え対策をより進化させたい」と述べた。

人工知能(AI)やスーパーコンピューターを活用する。接触機会の8割削減のほか、休業要請、「3密」の防止など、緊急事態宣言の期間中にとった感染防止策の効果を分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]