/

この記事は会員限定です

経財相、山中教授らとコロナ検証会議 8割接触削減など対策分析

[有料会員限定]

政府は1日、接触機会の8割削減など新型コロナウイルスの感染拡大防止策を検証する会議の初会合を開いた。京大教授の山中伸弥氏ら4人の有識者が参加した。西村康稔経済財政・再生相は「今後想定される大きな第2波に備え対策をより進化させたい」と述べた。

人工知能(AI)やスーパーコンピューターを活用する。接触機会の8割削減のほか、休業要請、「3密」の防止など、緊急事態宣言の期間中にとった感染防止策の効果を分析...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン