豚は高く牛は安く… 食肉価格、明暗分ける「内食」

価格は語る
2020/7/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国産食肉の価格に、新型コロナウイルスに伴う食生活の移ろいが鮮明に表れている。需給の変化を映しやすい卸値の6月価格は和牛(東京市場、A4去勢)が前年同月より22%安く、豚肉(東京市場、上級品)は同6%高い。「内食」需要の取り込みが明暗を分けた。さらに肉の部位まで追うと、より深い食卓の勝ち組も見えてくる。

■豚・鶏は堅調 在宅向きの部位が人気

4月の緊急事態宣言以降、飲食店や百貨店の休業が広がった。飲…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]