/

官房長官、「脱マスク」で記者会見 約3か月ぶり

菅義偉官房長官は1日、新型コロナウイルス対策で着用していたマスクを約3カ月ぶりに外して記者会見に臨んだ。会見の冒頭で自ら外してみせたうえで「声が聞きづらいという指摘がある」と理由を説明した。

政府が緊急事態宣言を発令する直前の4月6日以降、菅氏は定例の記者会見でマスクを着けてきた。会見に出席する記者との距離を確保するなど感染防止対策を続ける。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン