男性育休「全員取得を」義務化も選択肢、内閣府懇談会

2020/7/1 14:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の中長期課題を議論する内閣府の有識者懇談会は1日、出生率上昇のために「男性全員が育休を取得できる環境」が必要との提言を盛り込んだ報告書をまとめた。男性の取得義務化も選択肢として示した。人口減少に歯止めをかけるには、性別による役割分担を見直し、男女ともにワークライフバランスを保てる社会への変革が求められるとの見方を強調した。

3月に新設した懇談会「選択する未来2.0」が中間報告をまとめた。内容…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]