東急「ロイヤルEX」、北海道デビューは3回に縮小

新型コロナ
サービス・食品
北海道
2020/7/1 14:00
保存
共有
印刷
その他

東急の豪華列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」は21年に7回運行する

東急の豪華列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」は21年に7回運行する

東急とJR北海道は北海道を周遊する夏の観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス(EX)」の運行回数を2020年は3回に減らすと発表した。北海道での初運行の今年は当初、5回を予定していた。新型コロナウイルス対策の準備に時間がかかるためで、減らした2回は翌年に振り替えて21年は7回走らせる。

運行を取りやめるのは8月14~17日と21~24日の旅程で、すでに参加を申し込んでいた60人は21年に乗車できるようにする。新型コロナ対策ではバス移動区間に利用する台数を増やし、席の配置を見直して他の乗客と一定の間隔を保つ。

ロイヤルEXは2人1室で利用する場合の1人あたりの基本料金が3泊4日で68万円から(税込み)という豪華列車で、JR北海道が東急から車両を借り受けて運行する。20年のツアー5回は150人の枠に対し、1232人が応募していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]