/

この記事は会員限定です

「戦後最悪」の成長率、遡れるのは55年まで

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症のまん延で、2020年4~6月期の日本経済は大きく落ち込んだもようだ。前期比の実質成長率は年率で2割を超えるマイナスという戦後最悪の数字が予想されるが、そもそも四半期の国内総生産(GDP)の実質成長率はどこまでさかのぼれるのだろうか。一貫した政府統計として振り返ることができるのは、第2次世界大戦が終わって10年後の1955年(昭和30年)までだ。

現行基準なら1980年まで

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン