エーザイ、新型コロナ治療薬候補を米国で治験へ

2020/7/1 11:39
保存
共有
印刷
その他

エーザイは1日、重症敗血症の治療薬候補として開発していた「エリトラン」について、新型コロナウイルス感染症向けに臨床試験(治験)を米国で近く始めると発表した。

新型コロナ感染症による免疫の過剰反応を防止し、肺などの損傷が起こらないようにする効果が期待されている。治験は日本を含む米国以外でも実施を検討し、早ければ年内に結果が出る。

治験は、希少疾患などの治療法開発を促進するため、治験のスポンサーを担う米国の非営利団体が協力し、新型コロナ感染症の治療薬開発に向けた国際的な枠組み「REMAP-COVID」で行う。

まず米国で開始し、世界で最大500人規模を予定する。エリトランは重症敗血症の治療薬候補だったが、治験で効果が確認できず、エーザイは2014年に開発を中止していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]