/

この記事は会員限定です

ポルシェ・日立、EV電圧倍増 充電20分で400キロ

[有料会員限定]
日経クロステック

電気自動車(EV)の電池電圧を現状の400ボルト(V)程度から800Vに高める新しい取り組みが始まった。欠点である長い充電時間を短くできる。独ポルシェが新型EVで先駆けた。800V対応インバーターを提供したのは、日立グループとみられる。米ゼネラル・モーターズ(GM)が追随すると表明し、今後世界で広がる可能性がある。

モーター小さく高出力

ポルシェは、今年発売した新型EV「Taycan(タイカン)」で、電池電圧を800V...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2149文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン