/

三菱航空機、2年ぶり債務超過 前期に4646億円

三菱重工業の子会社でジェット旅客機「スペースジェット」を開発する三菱航空機(愛知県豊山町)が2020年3月期に2年ぶりに債務超過に陥ったことが1日、わかった。前期の最終損益は5269億円の赤字(前の期は23億円の黒字)で、債務超過額は4646億円。大幅な減損処理を実施した結果、負債額が資産を大幅に上回った。

三菱航空機は2月、6度目となるスペースジェットの納入延期を発表。これを受け三菱重工業は資産の価値をゼロまで落とす減損処理を実施し、開発費などを含め2633億円の損失を計上していた。前の期は親会社である三菱重工業による2200億円の増資引き受けなどの支援で債務超過は解消され、黒字に転換していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン