プーチン氏、改憲で続投に道 側近も利権に固執
編集委員 池田元博

池田 元博
コラム(国際)
Nikkei Views
編集委員
2020/7/2 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロシアで憲法改正の是非を問う国民投票が1日実施され、投票総数の7割超が賛成して承認が確実になった。これにより、現在4期目のプーチン大統領に続投の道を開いた。すでに実質20年以上も統治し続けているのに、プーチン氏はなぜ権力の座にとどまろうとするのか。

「まだ何も決めていないが、もし改憲案が承認されれば、立候補する可能性を排除しない」

改憲投票を直前に控えた6月下旬。プーチン氏は国営テレビのインタビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]