EU、渡航受け入れ15カ国公表 日本など 1日以降

2020/6/30 23:34 (2020/7/1 5:30更新)
保存
共有
印刷
その他

EUは域外から渡航を受け入れる国のリストを公開した(30日、ローマの空港)=ロイター

EUは域外から渡航を受け入れる国のリストを公開した(30日、ローマの空港)=ロイター

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は30日、7月1日以降、段階的に域外から観光客や出張者を受け入れる国のリストを公表した。日本のほか、韓国やオーストラリア、カナダなど15カ国が対象だ。これを受けて出入国の権限を持つ加盟国が実際に受け入れるかを判断する。

新型コロナウイルスの感染拡大でEUは3月半ばから域内への不要不急の渡航を禁止してきた。感染が落ち着いた地域からの制限を徐々に緩和する。およそ3カ月半を経て正常化に一歩踏み出すことになる。感染が増えている米国やロシア、ブラジルなどは除外した。

リストに入ったのは他に、タイやニュージーランド、モロッコなど。中国はリストに載ったものの、EUからの旅行者の中国入国が認められることを条件にした。EUの発表文によると、国を選ぶにあたって、最近の新型コロナの感染件数に加え、検査件数や具体的な封じ込め策といった関連情報を考慮した。

リストは加盟国への「勧告」にとどまり、強制力はない。7月1日から即座に受け入れが始まるかどうかは不透明な面が残る。リストは感染状況に応じて2週間ごとに更新する。

日本などから行けるようになるのは、欧州域内の移動の自由を保障した「シェンゲン協定」の加盟国だ。アイルランドを除くEU各国に、EU非加盟のノルウェーやスイス、アイスランドなども対象となる。シェンゲン協定の加盟国内にいったん入ると、域内は原則パスポートの検査なしで行き来できるため、各国は協調して対応する必要性で一致。共通リストをつくることにした。

EUでは、感染状況が落ち着いてきたことに加え、かき入れ時である夏のバカンス期を前に、渡航制限を緩和すべきだとの声が加盟国から強まっていた。EUの欧州委員会は6月11日、各国に段階的に渡航制限を緩和するよう提案。各国でどの国を対象にするか詰めていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]