プロ野球

巨人・戸郷が2勝目 初回2失点も巻き返す

2020/6/30 23:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

開幕から3カードを終え、DeNAは12球団で唯一、3割超という驚異的なチーム打率をたたき出した。巨人の先発・戸郷はその勢いにのみ込まれるかのように初回につまずいた。

先頭の梶谷に中前打を浴び、続くソトには左翼線を破られた。1死後、4番佐野が先制の中犠飛、次いで宮崎が適時中前打。早打ちのDeNA打線に、戸郷は呼吸を整える間すら与えてもらえなかった。

「(自身)2試合目ということもあって、長い回数を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

ロッテ打線を5回1失点に抑え、今季初勝利を挙げた楽天・岸=共同


 本来開幕の時期だった3月に腰を痛めたのは不覚だったが、楽天・岸への首脳陣の信頼は揺らがなかったらしい。
【関連記事】4日のプロ野球 結果と戦評
 それがわかったのが三回のピンチ。1死一塁から連続四球を与 …続き (4日 20:13)

中日に勝利し、ウイニングボールを手にポーズをとる原監督。監督通算1034勝として長嶋茂雄元監督に並んで巨人の歴代2位となった(4日、東京ドーム)=共同

 巨人の原辰徳監督(61)が4日、東京ドームで行われた中日2回戦に7―3で勝ち、監督通算1034勝として長嶋茂雄元監督に並んで巨人の歴代2位となった。プロ野球歴代12位。巨人の監督勝利数1位は川上哲治 …続き (4日 18:56)

3回、勝ち越し2ランを放ち、ベンチでガッツポーズするヤクルト・青木=右(4日、神宮)=共同

【ヤクルト10―8DeNA】ヤクルトが乱戦を制した。4―4の六回に山崎の犠飛と暴投で2点を勝ち越し、七、八回に2点ずつ加えた。小川は6回8安打4失点で粘り2勝目。継投でしのぎきった。DeNAは打線が1 …続き (4日 22:08更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]