/

三菱自動車、7月も国内工場で生産調整

三菱自動車は30日、国内の主力3工場での生産調整を7月も続けると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で国内外の新車需要が急減しているため。3月下旬以降、コロナ禍を理由とした同社の減産規模は約7万3600台にのぼる見通しだ。

水島製作所(岡山県倉敷市)の乗用車向けラインで7月1~14日と27~30日に稼働を止める。岡崎製作所(愛知県岡崎市)は同1~23日、子会社のパジェロ製造(岐阜県坂祝町)は同月1~27日の期間でそれぞれ稼働停止する。水島製作所の乗用車ラインと岡崎製作所については、稼働日も日中のシフトのみで生産する。

三菱自は3月下旬から、部品の調達難や需要減を理由に国内3工場で生産を断続的に停止してきた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン