印セラムがコロナワクチン 生産最大手、低コスト

南西ア・オセアニア
アジアBiz
2020/6/30 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ワクチン生産世界最大手、インドのセラム・インスティチュート・オブ・インディアが新型コロナウイルス向けに参入する。ライセンス生産方式で年内にまず4億回分をつくる。コロナワクチンは供給量の不足が懸念され、先進国を中心に囲い込む動きもある。低コストでの量産ノウハウを持つインド勢の参入で新興国も調達しやすくなる。

■10億回分をライセンス生産

ワクチンは新型コロナの感染拡大や「第2波」の発生を防ぎながら経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]