愛媛知事、首都圏への出張・旅行で注意呼び掛け

2020/6/30 20:03
保存
共有
印刷
その他

愛媛県の中村時広知事は30日、新型コロナウイルスの新規感染者が再び増加している首都圏への出張・旅行について、「3密」回避などの注意行動を改めて呼び掛けた。7月1日以降、県職員に求めるほか、県内の事業者、県民も出張の中止・延期や代替手段の可能性を検討するようにとしている。

記者会見する愛媛県の中村時広知事

県内では1カ月以上、新規感染者が確認されていないが、感染増加地域からの感染の持ち込み、持ち帰りに対し強い警戒感を表明した。観光旅行については、県内や四国、広島、大分など近隣県を優先。出張の場合と同様、「3密」や夜の繁華街への立ち寄りを回避するよう呼び掛けた。

一方、「えひめ版協力金」の申請の受け付けを7月末まで延長すると表明した。「3密」対策を講じる飲食業や小売業者を対象に、さらに支援していく。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]