/

この記事は会員限定です

徳山大の公立化議論 山口・周南市、地域貢献後押し

[有料会員限定]

山口県周南市で徳山大学の公立化に向けた議論が近く本格的に始まる。学生集めに苦労する大学の経営を安定させ、地域の「成長エンジン」として活用するのが狙いだ。他方、将来の財政リスクを懸念して慎重な意見もある。公立大学を地域のエンジンとみるか、リスクとみるか、地域の今後を大きく左右しそうだ。

徳山大は6月2日、大学改革と将来像に関する報告を公表した。入学者の確保や卒業生の地元定着、地域貢献などの課題を解決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン