テクノプラン、マラソン大会を丸ごと受託
埼の強み

埼玉
2020/6/30 19:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

テクノプラン(埼玉県上尾市)はマラソン大会の計測記録集計システム開発からスタートし、現在はマラソン大会の運営自体を受託している。受託件数は年間100~200件に上る。新型コロナウイルスの感染拡大により、今年は大会の中止が相次ぐが、大会の運営システムを応用した新規事業で乗り切ろうとしている。

同社は1985年に電子機器の設計会社として小薗江文雄社長ら技術者3人が設立した。当時は一般的に使われるよう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]