武田 社債1兆1800億円発行 買収資金の借り換えに

2020/6/30 20:30
保存
共有
印刷
その他

武田薬品工業は30日、総額約1兆1800億円の普通社債の発行条件を決めたと発表した。内訳はドル建てが計70億ドル(約7500億円)の計4本、ユーロ建てが計36億ユーロ(4300億円)の計4本で、償還期限は7~40年となる。アイルランド製薬大手シャイアー買収のために調達した借入金の借り換えに充てる。

社債の格付けはS&Pグローバルから「トリプルBプラス」、ムーディーズから「Baa2」を取得した。米国など海外市場で募集する。

武田は19年に6兆円超を投じてシャイアーを買収し、19年3月期の有利子負債は5兆7509億円と買収前に比べ6倍ほどに膨らんだ。計100億ドル規模の非中核事業の売却などを通じ、調整後EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)に対する純有利子負債の比率を足元の3.8倍から、24年3月期までに2倍以下に引き下げる方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]