長野市、新型コロナ対策で補正予算21億円を専決処分

2020/6/30 18:54
保存
共有
印刷
その他

長野市は30日、新型コロナウイルス対策のために21億円の補正予算を専決処分した。財源には、国の地方創生臨時交付金などを活用する。飲食店によるデリバリーなど、事業者の業態転換に伴う費用の補助金などを盛り込んだ。2020年度の新型コロナ関連の補正予算は合計で418億円にのぼる。補正後の一般会計総額は2169億円で、過去最大となる見通し。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]