/

ソニー、インドに研究拠点 AIをエンタメ・医療に

ソニーは30日、インドに人工知能(AI)関連の研究開発拠点を7月に設立すると発表した。「ソニー・リサーチ・インディア」としてベンガルールとムンバイの2カ所に拠点を設ける。AIなどの技術をエンターテインメントや医療に生かすための重要拠点と位置づける。IT(情報技術)が進んだインドで優秀な人材を取り込む。

インドは「ボリウッド」と呼ばれる独自の映画産業が発達しており、ソニーのエンターテインメント事業との相乗効果を生かせると判断した。新拠点ではインド国内の人材のほか、海外経験を経て帰国した研究者を採用する。ソニーは米国や中国、欧州でも研究開発を手がける。インドは海外の研究開発拠点として7カ国目になる。(清水孝輔)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン