信栄食品、独自の「ギョーザ」で市場開拓 ネット通販でファンつかむ
信越企業攻めの一手

2020/6/30 18:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ギョーザ製造の信栄食品(長野県松本市)が「松本一本ねぎ餃子」や「マッスルギョーザ」などユニークな独自商品を相次いで投入している。スーパーの総菜向けギョーザなどの受託生産で成長してきたが、大手メーカーとの競合も激しくなりつつある。特徴のある自社ブランド商品をネット通販などで伸ばし、安定成長を目指す。

「プロテインの代わりにギョーザを食べてほしいという思いを込めた」。神倉藤男社長は2019年春に売り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]