iOS版接触アプリ、修正版配布開始 厚労省

2020/6/30 17:55
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は30日、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した場合に通知するスマートフォン向けアプリ「COCOA」の「iOS版」の修正版の配布を開始したと発表した。「アンドロイド版」も近く配布する予定。

同アプリを巡っては、感染の自己申告に必要な「処理番号」が発行されていなくても、任意の数字を入力すると「完了しました」と表示される不具合が発生していた。

現在停止している処理番号の発行はアンドロイド版の配布開始後に再開するという。それまでは感染者との接触の可能性は通知されない。

同アプリは19日に配布を開始し、ダウンロード数は30日午後5時現在で約481万件。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]