アステリア、二酸化炭素量で「密」測定

2020/6/30 17:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフト開発のアステリアは屋内にいる人の密集度合いを空気中の二酸化炭素(CO2)濃度で測る製品を発売する。新型コロナウイルスの感染予防で、密集を避けたい店舗やオフィスの利用を想定する。密状態の測定にカメラを使う製品は多いが、CO2濃度を基準にするのは珍しいという。

センサーを使ってCO2を計測する。CO2濃度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]