投信の販売姿勢格付け、横浜銀「S」に引き上げ R&I

2020/6/30 17:13
保存
共有
印刷
その他

格付投資情報センター(R&I)は30日、横浜銀行の投資信託の販売姿勢の格付けを「Aプラス」から「S」に引き上げたと発表した。「S」は5段階のうち2番目に高い。顧客本位の販売姿勢を強化し、長期分散積み立ての提案などを進めていることを評価した。

R&Iは横浜銀の販売姿勢について「顧客の合理的な資産運用に資する取り組みに注力し、一定の成果を上げている」と指摘した。行員の教育や人事基準に顧客本位の姿勢を取り入れている点も評価した。

横浜銀の証券子会社、浜銀TT証券の評価も「A」から「Aプラス」に引き上げた。営業員へのサポート体制が充実していることなどを引き上げの理由としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]