/

この記事は会員限定です

住宅地でも民泊運営可能に 東京・大田区、規制緩和

[有料会員限定]

東京都大田区は民泊の運営を規制する条例を一部緩和する。居住する住宅に旅行者を泊める「家主居住型」について地域制限をなくし、住居専用地域などでも運営できるようにする。これまでは騒音などの懸念からホテルや旅館を建てられる地域に限定していた。改正条例は7月1日に施行する。

改正したのは住宅宿泊事業法(民泊新法)施行条例で、民泊新法と同じ2018年6月に施行した。民泊の実施状況を踏まえて2年以内に見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン