安倍政権と福島第1処理水、弱体化で決断先送りも

コラム(テクノロジー)
2020/7/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所に東京ドーム1杯分もたまり、今も増え続ける処理水の問題が不透明感を増している。政府が検討する「海洋放出」に慎重な意見が多い中で、新型コロナウイルスの感染拡大と安倍晋三政権の弱体化が影を落としつつある。

6月30日、経済産業省は東京で処理水の処分に関する4回目の意見聴取会を開いた。全国商工会連合会、日本ボランタリーチェーン協会、全国消費者団体連絡会の3団体が参加した。全…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]